Category Archives: 日本の同時代演劇

Orderly Disorder: A 40-Minute Whirlpool Trip That Miss Revolutionary Idol Berserker Cordially Invites All of You To

An English program notes prepared for Miss Revolutionary Idol Berserker’s “MS. BERSERKER ATTTTTACKS!! EL […]
Posted in 日本の同時代演劇 | Leave a comment

Welcome to Tanino’s Hallucinatory Theatre

An English program notes prepared for Niwagekidan Penino’s “The Room, Nobody Knows,” toured in Luzern, S […]
Posted in 日本の同時代演劇 | Leave a comment

「えんげきのぺーじ:一行レビュー」再録:2005年

6/22- 6/30「アルトゥロ・ウイの興隆」(ベルリナー・アンサンブル)@新国立劇場中劇場 ★★ 06/28 7、8年前ベルリンで見たときのほうがはるかにパワーがあったと感じたのは記憶の中で過去が美化されたからではある […]
Also posted in ミュージカル, ヨーロッパ演劇, 歌舞伎 | Leave a comment

「えんげきのぺーじ:一行レビュー」再録:2006年

7/21- 7/30「脳みそぐちゃぐちゃ人間」(毛皮族)@本多劇場 ★★★ 07/23 手を抜いていても疲労困憊していても才能があればとりあえず面白いというよい例だった。エモジュン版道成寺が尻切れトンボになったのは残念だ […]
Posted in 日本の同時代演劇 | Leave a comment

「えんげきのぺーじ:一行レビュー」再録:2007年

「振るあめりかに袖は濡らさじ」 ★★★★ 12/11 玉三郎が相変わらず杉村春子の完コピ。一挙手一頭足に杉村の亡霊が見えてしまうのがなあ。文学座で持てあましたであろうスタービークルを玉三郎で歌舞伎で上演しちゃうというのは […]
Also posted in ミュージカル, ミュージカル以外のアメリカ演劇, ヨーロッパ演劇, 日本近代演劇, 歌舞伎 | Leave a comment

「えんげきのぺーじ:一行レビュー」再録:2008年

11/ 1-11/25「吉例顔見世大歌舞伎」(松竹)@歌舞伎座 ★★ 11/21 『寺子屋』梅玉の源蔵がいい。仁左衛門は平成中村座に続き本来のオーラを欠いている。魁春はもとの不細工に戻ってた。『船弁慶』最近の菊五郎は踊り […]
Also posted in ヨーロッパ演劇, 日本近代演劇, 歌舞伎 | Leave a comment

「えんげきのぺーじ:一行レビュー」再録:2009年

10/ 3-12/31「アイーダ」(四季)@電通四季劇場[海] ★★   10/21 グアンタナモ収容所を二重写しにする演出はいつからだ? ブロードウェイ初演時ではありえない。現実を投影させることで悲劇的強度を増した物語 […]
Also posted in ミュージカル, ヨーロッパ演劇, 歌舞伎 | Leave a comment

「えんげきのぺーじ:一行レビュー」再録:2010年

「えんげきのぺーじ:一行レビュー」がいつ突然閉鎖されるかわからないので、検索機能を使って1999年〜2010年の自分の発言をサルベージ。本当にこれだけだったか?という年度もあるが、今となってはどうしようもない。 7/15 […]
Also posted in ヨーロッパ演劇, 歌舞伎 | Leave a comment

本物と偽物の間を揺れ動く:平田オリザのアンドロイド演劇

2012年1月西洋比較演劇研究会例会で英語で発表した際の英文要旨を日本語に訳し、さらに若干手を加えました。 元の英文要旨は西洋比較演劇研究会ブログにあります。また、この日本語要旨の原型は電子ジャーナル『西洋比較演劇研究』 […]
Also posted in 研究会 | Leave a comment

タニノクロウ 人と作品(2)タニノクロウのエロティシズム[没バージョン]

タニノクロウと書いてあると、知る人ぞ知る変態漫画家、サガノヘルマーと間違えそうになる(どんなにエログロな絵柄かはググってください)。どちらもカタカナの名前だから、というだけではない。 タニノクロウのエロティシズムの本質は […]
Posted in 日本の同時代演劇 | Leave a comment